有料老人ホームの種類

subpage1

民間企業によって運営されていることが多い有料老人ホームは、主に3つの種類に分類することができます。

まずは介護付です。

これは文字通り、介護サービスの提供が付いていることが前提の有料老人ホームです。
ですから入居に際しては、要支援認定、要介護認定を受けていることが必要なことが多いです。



介護付なので、喀痰吸引や経鼻経管栄養などの医療行為に対応していることも多く、認知症の受け入れに関しても柔軟であることが特徴です。



次に住宅型です。

これは基本的には、安心して過ごすことができる、バリアフリーなどに配慮された住宅が提供されることを目的として有料老人ホームです。


よって施設内に介護職員がいないことがほとんどです。



そのため要支援認定、要介護認定を受けていない人でも、入居することが可能と言うことが多いです。
ただしそうした認定を受けている人でも入居は可能と言う施設もあり、そのような人で介護サービスが必要と言う場合は、外部の介護事業者と契約を結ぶことになります。たとえば住宅型有料老人ホームに住みながら、介護サービスは必要な時だけ訪問介護で受けると言う具合です。
最後は健康型です。


これは住宅型よりもより、介護色の薄い有料老人ホームです。

提供されるのは介護サービスよりも家事援助サービスであることが多く、入居者も自立した生活を営むことができる人であることがほとんどです。

ですからこの場合、介護度が高くなり、自立した生活を送るのが難しくなった場合には、退去や別の施設への移動をお願いされることも多くあります。