有料老人ホームに含まれるもの

subpage1

有料老人ホームには主に3種類のタイプが存在します。介護付き、住宅型、健康型の3タイプが主に存在します。
また、別名サ高住と呼ばれるサービス付き高齢者向け住宅もあります。



共通することは、食事サービスの提供、食事・入浴・排せつなどの介護の提供、掃除、洗濯・掃除などの生活介護、健康管理などを総合的にサービスを提供する施設です。

サービス付き高齢者向け住宅は、有料老人ホームに該当しますが、賃貸住宅的な意味合いが強く、介護サービスや生活援助は、介護保険などを利用する場合が多いようです。

金額は大きく異なり、提供するサービスや居室のタイプ、地域によって大きく異なります。


また、老人ホームによっては併設介護保険サービス事業所のサービスを強制的に利用することを条件とする施設もあるようです。


介護保険サービスを請求しない施設については、居住費、共益費の他、管理費、支援費などの名目で料金を請求することがあります。入居を検討する際には、これらにかかる費用の名目が明確になっているもの、且つ、サービスの範囲がどれほどのものかを確認するとよいでしょう。



一番大切なのは、入居希望者の身体状況、生活状況と生活の希望をどれだけ提供できるか有料老人ホーム側と協議することです。



入居してからサービスの範囲の食い違いが起きてしまわないように要検討したほうが良いでしょう。
立地条件にもよりますが、近くに大きな医療機関や、買い物が賄える施設などがあることも選ぶポイントです。