有料老人ホームの選び方〜自分らしい生活を送るために

subpage1

有料老人ホームでは、年齢を重ねた人が暮らしやすい、安心して過ごすことができやすい住まいの場が提供されます。

更に食事や家事に対するサービスの提供、またその人の状態に合わせた支援、介護サービスの提供も実施されています。入居者の心身の状態合わせてそれらのサービスは提供されるので、基本的には快適に生活を送ることが期待できます。

しかしより快適に、そして自分らしく、有料老人ホームで生活を送りたいと言う場合には、有料老人ホームを選ぶ上でいくつかチェックしておきたいポイントがあります。まずは働いている職員です。これは数が多い方が入居者に対して目が届きやすいと言うことができますが、それでも質の低いサービス提供を行う職員や、利用者に対する態度がいい加減な職員などが多い場合では、あまり数は意味を持たなくなってしまいます。



ですから職員の数に注意すると共に、その働き具合、入居者に対する態度などもしっかりと見ておくことが求められます。


それから生活スペースも重要です。



ホームの規模から部屋の広さまで、じっくりと見ておいて、その中で自分はどのように過ごすことができそうかと言ったことを、入居前に想像しておくことが必要です。


それと同時、共有施設の有無、種類、状態も見ておきたいです。

趣味がある場合には、その趣味が楽しめそうなスペースがあるかどうかと言うのは重要な点です。



そして意外と見落としがちで、しかし重要なのが食事です。年齢を重ねて食べる量が減ってきたと言う人でも、美味しくない食事よりは美味しい食事の方が箸が進みます。
味以外にも、献立の栄養バランスはどうか、調理はどのようにして行われているか、入居者からの評判はどうかと言う点も見ておきたいですし、食事をする際の雰囲気に関しても調べておきたいです。

最近では、実際に提供されている食事を試食できる体験を設けている有料老人ホームも多いので、それを試してみると良いです。