有料老人ホームとは?

subpage1

有料老人ホームは、65歳以上(一部60歳以上)の高齢者のための住まいです。

たいてい民間企業の運営で、種類は介護付・住宅型・健康型があります。

高齢者の状態によって、自立の方から要支援、要介護の方まで幅広く入居することができるのが特徴です。



有料老人ホームは毎日の生活を快適に過ごせるようにサービスが配慮されていて、基本的に個室を使用でき、プライバシーが守られています。
レストランやシアタールームなどホテルのような高価なホームもあれば、入居金0円や月額利用料が安価なホーム、充実した医療ケアが受けられるホームなどそれぞれのニーズに合わせたところがあります。

入居したい高齢者の体の状態に対応し、かかる費用なども勘案した上で選択することができます。人気の有料老人ホームでは、入居待ちが続いている所も多いようです。
入居した当時は介護の必要はなかったけれど、徐々に介護の必要性や医療ケアがほしい場合住み替えができる場合も多いです。



要介護の状態の変化に応じて、有料老人ホーム側も対応も柔軟になっています。
有料老人ホーム入居の際には、高齢者本人の意思だけではなく、家族の意向も汲んでくれるところが理想です。



事前に資料を取り寄せたり、見学をするなどして、本人と家族が納得できるホームを選択することが大切です。どこまで何をやってくれるかなど、要望や質問などを用意して、直接問い合わせるなどしても対応して入れるホームが安心できるかもしれません。